AGAクリニックの治療費用の相場について

AGA治療を受けられるクリニックを探す際に気になるのが、治療費の相場です。

  • AGAクリニックの費用相場はいくら?
  • 皮膚科のほうが安くなる?
  • 治療費で見るポイントは?

今回は、この3つのポイントを中心にご紹介します。

高いほうがAGA治療の効果が出て、すぐに完治できるのでは?と思っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

AGAクリニックは高い?皮膚科との違い

AGAクリニックは、自由診療となっています。そのため健康保険を使用することができず、満額自己負担での治療です。

1回あたりの治療費が高額となってしまうデメリットばかり思い浮かべてしまいますが、実は以下のようなメリットもあります。

  • 保険にしばられない治療ができる
  • 海外の最新の治療も試せる
  • 効果の高い治療を選べる

保険診療で受けられる治療は、保険適用が認められている治療方法や薬のみを使った治療です。

たとえば歯科でいうと、失った歯の保険治療は安い差し歯や入れ歯になりますが、自由診療だとインプラントや安全性の高い差し歯を選択できます。

AGA治療の場合においても、最先端の治療方法は海外で行われているものも多く、それらをいち早く日本国内で受けるには、自由診療しかありません。

単純にAGA治療を受けるだけなら、皮膚科でも問題なく一定レベルの治療を受けることが可能です。

しかし、よりAGAに特化した治療を受けるなら、やはりAGA専門のクリニックのほうがおすすめです。

専用機材や、オリジナル処方の薬も取り入れ、より個人レベルに合わせた治療が受けられます。

皮膚科での治療も保険対象外!費用に差はない

実は、AGAクリニックに限らず、AGAの治療に関してはどこで受けても自由診療扱いとなります。

身体機能や命に係わる『必要不可欠な治療』ではなく、あくまで『見た目の改善のための治療』に当てはまるためです。

そのため、保険診療を行っている皮膚科でAGA治療を受けても、健康保険による3割負担の恩恵を受けることはできません。

「それでも、薬代は皮膚科のほうが安いのでは」と思う方もいるかもしれませんが、それもクリニックによって異なるのが実情です。

また、院外処方(処方箋を持って薬局に行く方法)の場合は、クリニックと薬局でそれぞれ処方箋代や調剤料などが加算されます。

仮に薬が多少安かったとしても、結局は薬を処方してもらうための手数料がかかるため、大差ない費用となっている場合が少なくありません。

AGAクリニックの治療費相場はいくら?

AGA治療にかかる費用は、薬代やクリニックごとに診療費で差があります。治療方法や目的によっても異なるため、あくまで参考程度にご紹介します。

  • 処方薬による治療…15,000円~20,000円前後
  • 薬剤注入による治療…30,000円~35,000円前後

こちらは、それぞれ『1か月あたり』の治療費であり、症状改善までの総額ではありません。

定期的に経過観察をし、アドバイスと個人に合った薬を処方される治療の場合、平均的な費用は、15,000円~20,000円前後です。

薬代のみで見ると7,000円~8,000円程度ですが、薬は1種類のみ処方されるとは限らず、発毛と育毛の2種類が処方されるケースがほとんどです。

また、診療費などの諸経費を合わせると、平均は15,000円~20,000円前後になります。

クリニックで専用の機器や注射器を使い、発毛用の薬剤を直接頭皮へ注入する治療の場合は、30,000円~35,000円前後を見ておきましょう。

費用の差は使用するアイテム(専用のマシンか、注射器か)や、薬剤(オリジナル処方)の違いで大きく変化します。

AGAクリニックの治療費で見るポイント

AGAクリニックで理解しておきたいのは、『治療期間に客観的な終わりはない』ということです。

その特性上(男性ホルモンが原因)、発症してしまったAGAは進行を抑えたり、症状を改善することはできても、完治することはありません。

それでもAGAクリニックに通うのは、以下のような目的のためです。

  • 既に薄毛となった部分に毛髪を生やしたい
  • 薄毛が広がる前に発毛で食い止めたい
  • 薄毛の広がりスピードを抑えたい
  • 明確なAGAの症状が出る前に対処しておきたい

AGAクリニックに通うことで得られるのは、発毛による現状の改善や、育毛による症状進行のスピードを抑えたり、予防したりすることです。

常にフサフサでいたいと思っている人は、何年も通い続ける必要があります。

AGAクリニック選びで治療費を基準にする場合は、この治療期間についても考慮して選ぶようにしましょう。

目的(一時的に生やしたいのか、永続的に改善したいのか)に合わせ、最終的に支払う総額を考えて選んでください。

治療期間が長くなりそうな場合は安くて通い続けやすいクリニックを、短期集中で治療したい方は、短期間で高い効果のある高額クリニックを選ぶ手もあります。

実際のAGAクリニックでは、以下のような費用がかかります。

診療費・カウンセリング費用

AGAクリニックのような専門クリニックで最近多いのが、診療費やカウンセリング費用が無料というパターンです。

処方される薬にかかる費用のみ支払うため、最も安く治療を受けられます。

しかし、中には診察時間が短かったり、専門的な知識のない医師が簡単な問診をするだけで終わるクリニックもあります。

  • 診療費(初診料・再診料)もカウンセリングも無料
  • 診療費だけ有料でカウンセリングは無料
  • 診療費もカウンセリングも有料

よくあるパターンは、この3つです。医師の専門性を重視する方は、無料かどうかだけで判断するのは止めましょう。

ちなみに、カウンセリング代が有料となっているクリニックでも、「このまま当院で治療を始める場合は無料」となるところもあります。

多くのクリニックでカウンセリングを受けて比較したい方や、まだ治療を始めるか迷っている方は、カウンセリング料金の無料化条件も参考にしてみてください。

複数のクリニックを比較すると決めているのであれば、カウンセリング有料(治療スタートで無料化)のクリニックは、最後に尋ねましょう。

先に訪れた無料カウンセリングのクリニックで良いと思ったところに出会えれば、余計な出費を防げます。

AGAの治療費を安くするコツ

AGAの治療費は最低でも1か月あたり15,000円程度はかかると見ておきましょう。

しかし、継続的に治療しなければならない点を考えると、毎月1万円以上もかかるのは大きな負担になってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは少しでも治療費を抑えるコツをご紹介します。

自由診療であることに変わりはないため、大きな変化は望めませんが、1か月数百円の差でも、1年10年で見ると大きくなります。

  • 安いクリニックを探す
  • 診療費・カウンセリング無料のクリニックを探す
  • ジェネリック薬品を活用する

AGAの治療費を安くするコツは、この3つです。

薬代もクリニックごとに異なるため、公式サイトをよくチェックして薬代の安いクリニックを探しましょう。

診療費・カウンセリング費用の項目でも解説したとおり、クリニックの中にはこれらの費用が無料となっているところもあります。

無料化はクリニックでの治療が条件となる場合もありますが、継続的に通うことを考えると、数百円~数千円浮くのは大きなメリットです。

注意点は、治療の質はその分劣るリスクもあることです。

専門医の在籍するクリニックや、治療の流れをしっかりと公式サイトで明記しているクリニックを選びましょう。

同じように診療費無料でも、診察&処方のみの場合もあれば、診察と写真による経過記録、アドバイス、処方まで行ってくれるクリニックもあります。

大きく治療費を節約したいなら、処方薬にも注目してください。ジェネリック薬品が使用できるところを選ぶと、数百円~1,000円程度安くなります。

ただし、ジェネリック薬品はピンからキリまであり、余計な成分が容量の半分以上を占める(効果の薄い)薬も存在します。

値段よりも効果を重視する方は、質の高い薬を導入していると明記しているクリニックや、ジェネリックではない薬のみ使用しているクリニックがおすすめです。

まとめ

AGAクリニックの費用は、治療内容やクリニックごとの料金設定により大きく異なります。

その中であえて相場を出すのであれば、薬剤処方メインの治療で15,000円~20,000円前後です。

最初にクリニックへ行くときは、最低でも15,000円程度は持っていくと安心です。

本格的に治療が始まってから、医師とよく相談のうえジェネリック薬品を使うなど、少しでも費用を安く抑えるコツを活用してみてください。

⇒AGAクリニック大阪でおすすめの脇坂クリニックの評判はこちら

タイトルとURLをコピーしました